spring of life

技術、ときどき日常のブログ(予定)

rails 用の emacs の設定

rails でビューのコードとか編集したりするけど、.erb とかのモードを入れてなくて見にくかったので emacs を更新

~/.emacs.elに以下を追加した!

(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.org/#/"))
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(add-to-list 'package-archives '("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/"))
(package-initialize)

(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.erb$"       . web-mode))
(defun web-mode-hook ()
  (setq web-mode-markup-indent-offset   2))
(add-hook 'web-mode-hook 'web-mode-hook)

それで emacs 上でM-x package-installの後、インストールするパッケージを聞かれるのでweb-modeを入力

これで erb はいい具合に色がついてインデントがスペース2つになりましたと

あと、同じように coffeescript のパッケージもインストールした

これもM-x package-installの後、coffee-modeでオッケー

こっちの方は、設定を追加すると javascript の変換結果もリアルタイムで確認できるみたいだね〜

EmacsでCoffeeScriptの変換結果をリアルタイムに確認する - Web学び

まだやってないけど、忘れないようにリンク貼っとこう。。