読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

spring of life

技術、ときどき日常のブログ(予定)

samba で windows のフォルダをマウント

明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もぼちぼち書いていきますかね〜

更新頻度はどうなるか分からないけど、継続したいね


で、今年1発目は samba のことをちょっとだけ。というか忘れそうなのでメモ程度のことを。

まずやりたいことは、Windows Server 2012 R2 に作った共有フォルダを Linux(CentOS) でマウント で、Windows Server と Linux の環境構築 & 設定は↓に

Window Server 2012 R2 の設定
  1. 共有フォルダを作成
    • フォルダは任意の名前・場所で作成してOK
  2. 共有フォルダのアクセス制御の設定
    1. エクスプローラーから作成したフォルダの場所まで移動してプロパティを表示
    2. 共有タブを開く
    3. ネットワークのファイルとフォルダーの共有のところに「設定されていません」と表示されていると思うので「共有」ボタンを押す
    4. 共有する相手を選択して「共有」ボタンを押すとネットワークワークパスが表示される
      • 必要であれば事前にユーザーを作っておく
      • ユーザーは「スタート」→「管理ツール」→「コンピューターの管理」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」で右クリック→「新しいユーザー」から作成
    5. 「詳細な共有」ボタンを押して共有名などを設定(既に入力されているかも)
    6. (2016/01/06 追記)書き込み権限を追加する
      • 「詳細な共有」のところで、「アクセス許可」ボタンを押して共有で使うユーザーを追加する
      • 必要に応じて「フルコントロール」、「変更」、「読み取り」にチェックを入れる(読み取りだけだとファイルに書き込んだり、ファイルを削除できない)
Linux の設定
  1. samba-client, cifs-utils パッケージをインストール(yum -y install samba-client cifs-utils
  2. コマンド、または/etc/fstabに設定を書いてマウント
    • Windows Server の方で設定した「共有する相手」のユーザー名とパスワードを指定する
    • ユーザー名とパスワードは別ファイルに書いておいても良い

コマンドの場合

  • ユーザー名、パスワードを直接指定
# mount.cifs -o username=<ユーザー名>,password=<パスワード> //<Windows Server の IP アドレス>/<共有名> <マウントされるディレクトリ>
  • ユーザー名、パスワードをファイルに記載
/etc/smb.cred (ファイルのパスは任意)
username=<ユーザー名>
password=<パスワード>
----
# mount.cifs -o credentials=/etc/smb.cred //<Windows Server の IP アドレス>/<共有名> <マウントされるディレクトリ>

/etc/fstabに記載する場合

//<Windows Server の IP アドレス>/<共有名> <マウントされるディレクトリ> cifs <オプション> 0 2
  • <オプション>はコマンドの方で o オプションの後に付けた文字列